LDH INTERVIEW

メディアコンテンツ部 部長 H

アーティストやマネージャーの
事務処理を一手に引き受ける“縁の下の力持ち”

デスクH(2009年入社)
(部署・役職はインタビュー当時のもの)

入社したきっかけは何でしょうか。

学生時代から会計・簿記を勉強しており、公認会計士資格の取得に向けて大学卒業後も就職をせずに予備校に通っていました。
そんな折、学生時代から家族付き合いのあった音楽業界の知り合いから、
LDHのデスクの仕事を手伝わないかと声を掛けられたのがきっかけです。
当時テレビ番組で“オカザイル”の放送もあったり、友人の間でもEXILEの楽曲が流行っていたりと、
なんだか楽しいことが待っているのではないかという期待を胸に入社しました。

入社当時から今まで約10年間、数々のアーティストや格闘家など複数の所属のデスクを担当してきました。
入社当時は今よりマネージメント部の人数も少なかったので、
デスク兼マネージャーのような形で47都道府県どこにでも行って手伝っていましたね笑。

今のデスクの仕事を詳しく教えてください。

誤解を恐れずに、わかりやすく一言でいうとなんでも屋です。
アーティストがいて、マネージャーがいて、その先にデスクがいます。”縁の下の力持ち”と思ってもらえていたら本望です。
基本的には、現場に出ているマネージャーができない仕事を社内でサポートしたり、マネージャーの代わりに行います。
具体的には資料作り、所属のプロフィール更新、スケジュールの共有・連絡や管理の補助、
新しい音源や映像を各所へ共有・保存、CDや書籍の在庫管理、移動宿泊の手配、
ライブやイベントなど興行時の関係者受付での対応、請求書の発行・処理、社外の方との電話やメール対応など。
興行の際には部署や職種を問わず社員全員で協力する体制のため、デスクも現場に出たりします。

就業時間については、マネージメント部の中でもデスクは他部署と同じく10時から19時の定時が基本ですが、
ライブツアー期間中などの繁忙期は遅くまで仕事をする日が続くこともあります。
働き方改革に合わせ、仕事の進め方や体制がどんどん改善されていくのを感じます。

ただ、私たちがマネージメントしているのは『人』ですので、ある程度柔軟に対応していくことは必要だと思っています。

仕事をしていて楽しいと感じることはいかがですか?

私の場合は、とても周りの人に恵まれていると感じています。
新卒入社ではないので同期といえる人はいないのですが、どんな時も周りの方々に支えられ、
ライブが終わればアーティストも含めてみんなでお疲れさまとありがとうを言い合える、
そんなみんなでの達成感を味わえるところです。

またライブの現場ではお客様がライブを観て泣いたりすごく喜んでくださっていたりするのを見て、大変な仕事だとしても、
こんなに感動してくださっていることに関わっている仕事なんだ、と思えるというのが一番のモチベーションです。

発売したCDのブックレットに記載されるクレジットに自分の名前を入れてもらえたときがあって、
それもとても嬉しかったですね。

仕事で求められる必要な能力と、気をつけていることは?

まずはコミュニケーション能力が高いこと、パソコンだけに向かう仕事ではないからです。
デスクというと事務作業というイメージがあるかもしれませんが、マネージャーなどから言われたことを
他の部署に聞きに行く・様々な部署を橋渡ししていく繋ぐ役割があります。
そういう意味でパソコンよりは人と向き合うことが多いですね。
もちろんパソコンの処理能力も高いほうがいいですが笑。

あと、頼まれた仕事の行間を読んで精確に理解していくこと、この人はきっと今こういうことが必要で、
それを私にしてほしいんだな、とその頼んだ人が私に何を期待しているのか相手の立場になって考えて仕事をしています。
皆さん忙しいので、「デスクに聞けば大丈夫」という気概を持っていたいです。
大きなプレッシャーですが負けず嫌いの気持ちで。

会社のどんなところが好きですか?

常に新しい何かがあるところですね。
あとは人。周りにいる人達のおかげで楽しく仕事ができています。
それと重複しますがお客様が楽しんでいるところを間近でリアルに見られるので達成感を感じやすいところも好きです。

エンタテインメントは娯楽であり、基本がポジティブだと思います。
LDHはそこに輪をかけて特にポジティブです。
私も根っからのポジティブシンキングな人間なので、そういうところも合っていて好きなところです。

どんな方が後輩になって欲しいですか?

私の後輩になってくれる人であれば、どんな方でも嬉しいです。
今居る人が、その人に合わせて教え方、例えば褒めて伸ばすタイプなのか、まずはやらせてみる方が良いタイプなのか、
誠心誠意向き合って歩み寄っていければ、良い関係が築けるのではないかと思います。夢があって、やる気があって、
仕事に真面目に取り組める方であれば、それを伸ばしていきたいです。

最後に、私が女性なので女性目線の話をしますと、良くも悪くも男女平等です。
徐々に女性が増えてきて今はほぼ半々の比率になってきています。
男性アーティストだからマネージャーは男性がつかなきゃいけないというわけでもないし、その逆も同じです。
性別関係なく、やりたいことが実現できる会社だと思います。
また結婚して子供ができても復帰しやすいですし、部署や担当業務にもよりますが、時間短縮勤務で働くママも増えていますので、
そういった心配はしなくて良い会社だと思います。

一緒にLDHエンタテインメントを支えていただける方をお持ちしております。

PAGE TOP